場所打ち杭工事現場視察

  • 2017.8.21

弊社で構造設計を行いました、11階建てRC造ホテルの場所打ち杭工事現場を視察しました。
建設地が浅草であり「伝統建築の見学」のため国内外旅行者に人気がある場所です。
周辺には土産物店や飲食店などが軒を連ね、下町の情緒も楽しめそうです。

軸部掘削後、バケットを拡底バケットに取替え底部掘削を行います。

エコーを用いて孔壁の状態を確認します。

杭長20mです。支持層に到達、鉛直精度、杭径の確認を行います。

杭主筋の溶接状況、かぶり厚さの確認後、鉄筋かごを挿入します。

杭頭筋の養生状況。 クイカッターを使用し、余盛りコンクリートを撤去しやすくしています。

同現場視察に行った際は、引き続きアップします。